• 05月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 07月

ぶどう膜炎~瞳孔縮小

>>>> I Love 九州♪愛犬連れの旅のおもいで <<<<<

2017-01-17(Tue)22:10

ぶどう膜炎は、虹彩に大きな影響がでる病気だそうです。

瞳孔が小さくなったり
目に白くモヤがかかったようになったり
目ヤニが出たり
白目が充血する症状も現れるようで

ジジの場合は瞳孔の縮小と充血の症状が出たと思われます。
病気が進行し網膜にまで及んでしまうと、網膜剥離を起こし、失明する可能性も高いそうです。

ジジの場合、光への反応はありましたが、左目のピントはあっていないようで、もしかすると視力が落ちて、左目は見えなくなる可能性も高いと言われました。

2016年12月30日

左右の瞳孔の大きさの違いがはっきりわかります。

2017年1月1日
P1030304.jpg
まだ、左目の瞳孔の方が小さいです。

2017年1月2日
P1030309.jpg
かなり、大きさが揃ってきましたが、もうちょっとって感じ。

P1030308.jpg
右目の瞳孔が満月としたら、左目の瞳孔は十三夜の月って感じでしょうか。(^-^;

2017年1月3日
P1030317.jpg
パッと見る限り、左右の大きさの違いがわかりにくくなってきました。

2017年1月4日
P1030327.jpg
だいぶ揃ってきました。

2017年1月7日

この頃から、大きさの違いはほとんどなくなりました。

視力も失っていないようで、とりあえず、25日に発症したぶどう膜炎については今のところ、問題なしとしてよさそうです。

ぶどう膜炎になる原因はいろいろあるようですが、ジジの場合はやはり、腎臓病からの高血圧が引き金になったと思われます。

人間のように血圧を簡単に測定できると高血圧への対処もとりやすいのですが、猫の正しい血圧を測定するのは大変難しく、薬の処方も少しずつ増やしたり、減らしたりとなります。

なので「今、降圧剤を飲んでるからもう血圧が上昇する心配はない」ということはなく、高血圧による眼圧上昇で眼底出血することが起こっても不思議じゃないありません。

まあ、このあたりは高齢と言われる年齢になったら、避けては通れない部分なのかもしれませんね。

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

頑張って!それだけしか言えません...
飼い主さんの気持ちは伝わりますよ!!

Re: No title

shogoさん

声援、ありがとうございます。
毎年ワクチンを打つ度、かかりつけの先生とも
「年取ってきたら、腎臓だけは避けて通れないから。」
と話しをしていたので、「来るべきものがやってきたか」という感じです。
老いは自然なことで、それに逆らうのは不自然なこと・・・と思っているので
病気と共存できたらな~と思ってます。




Profile

ちびまる

Author:ちびまる
シーズーのキャンディと8匹の猫と共に宮崎県延岡市に生息中。

==詳細プロフィール==

ハンドルネームの由来に
なったちびまる君について


Categories


Archives


Mail

名前:
メール:
件名:
本文:


Link


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

アクアレイナ

ドクターシーラボ 今月のお得なプレゼント!(自動更新)



アンケートモニター登録

ブルックス