• 04月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 06月

ぶどう膜炎

>>>> I Love 九州♪愛犬連れの旅のおもいで <<<<<

2017-01-16(Mon)22:15

左目の充血がの翌日の夕方、かかりつけの病院へ。
「う~ん・・・これは緑内障じゃないと思う。」と先生。

とりあえず、眼圧を測って見ると、左目29、右目25。
かかりつけの先生は緑内障じゃなく、ぶどう膜炎を疑いました。
理由としては
  1. 緑内障なら結膜(白い部分)に強く浮き出るような血管の充血が見られるはずだが、それがない。
  2. 猫の緑内障の症例は少ない。

ただ、かかりつけの先生も眼科専門じゃないので、眼底カメラで撮影を行って、眼科専門医に診断を仰ぐということになりました。
眼底カメラの映像では、右目はホント綺麗に血管とか見えましたが、左目は濁ってるので、ぼんやりと霧の中のようにしか写りませんでした。

ぶどう膜炎も多少、痛みは感じるそうですが、緑内障に比べたら、全然マシらしく・・・
とりあえず、その点はホッとしました。

先生曰く
「目の血管が一番細いから、血圧が上がると「パン!」と破裂するんだよね。」

私が旅行から帰宅した直後に血管が破裂したんだろうと思います。
だから、帰宅して30分後くらいにオレンジ色の目に気が付き、それから1時間後くらいに赤みが増したんでしょう。

かかりつけの病院から
「○○先生のところが開いててよかったね。」と言われました。

その後、眼科専門の先生の見解も緑内障ではなく、ぶどう膜炎だろうという結果が出て、新たに降圧剤(内服)を追加、点眼薬は2日くらい続けて終了としました。

P1030265.jpg
(2016年12月29日:充血発見後4日目)
降圧剤は最初の1週間は1日1回。その後は2日に1回で現在も継続中です。

P1030266.jpg
(2016年12月29日:充血発見後4日目)
充血を発見して4日後で、充血は完全になくなりましったが
この頃はまだ、瞳孔の大きさの違ってました。

スポンサーサイト

コメント

Secret





Profile

ちびまる

Author:ちびまる
シーズーのキャンディと8匹の猫と共に宮崎県延岡市に生息中。

==詳細プロフィール==

ハンドルネームの由来に
なったちびまる君について


Categories


Archives


Mail

名前:
メール:
件名:
本文:


Link


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

アクアレイナ

ドクターシーラボ 今月のお得なプレゼント!(自動更新)





アンケートモニター登録

ブルックス