• 09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 11月

クリンのトイレ事情 その後

>>>> I Love 九州♪愛犬連れの旅のおもいで <<<<<

2013-11-02(Sat)11:21

先日、クリンの尿マーキング(スプレー)とその後の粗相(トイレで排尿をしないことがある)件ですが、あれから、マーキングした場所に柵をしたり、物を置いていけなくしたり、逆に足場になっていた棚を排除したりして、場所を1箇所に絞り込みました。

内面的なアプローチとしては、フラワーレメディをを注文して、1日3回飲ませてます。

その結果、尻尾を上げて尿をすることはほとんどなくなりましたが、そのかわり、限定した場所で1日2~3回、おしっこするようになりました。

猫トイレは漂白剤できっちり掃除して、猫砂も総替えしたので、トイレが汚れているということはないはずです。それでもクリンはみんなが使う猫トイレで用をたさなくなったのは、やはり臭いなのかな?と考えるようになりました。

多頭飼いの場合、猫数+1のトイレが理想といいますが、例え、猫数以上のトイレを用意したとしても、自分専用のトイレを限定することはできません。「これはクリンの」と名前を書いたとしても、灰二が使えば、茶太郎も使います。それを「これはクリンのだから、使っちゃダメ」とすることはできません。

トイレの数が増えれば、それだけ汚れを分散することはできますが、自分だけしか使わないトイレを作れるわけではない。クリンは自分だけしか使わないトイレを望んでいるのではないか??と考えるようになりました。

じゃあ、クリンが現在、おしっこしている場所にトイレを置けば・・・という話になりますが、新しい猫トイレを置いてしまえば、他の猫たちも後に使い始めるでしょう。

そうなるとクリンがこのトイレを使わなくなるかもしれません。それでは本末転倒です。

現在、クリンは犬用のおしっこシートを入れた猫トイレでおしっこします。
最初は他の猫砂を試してみて、なんとか猫砂でのおしっこを考えていましたが、発想の転換でそのままおしっこシートでさせるのもありかも?と考えるようになりました。

シートのままにしておけば、他の猫がこのトイレを使うことはまずありません。
クリンにシートトイレを作って、2,3回と成功したところで、トイレの縁に壁を取りつけました。(元々、トイレについている付属品です。)壁を取り付けた後、1回成功したので、安心していたら・・・

又、夜中1時半~2時に別の場所でおしっこをするようになってしまいました。
茶太郎が膀胱炎の時にちびっとちっこをした場所。臭いは取ったつもりだったのですが、消臭が甘かったのかもしれません。
できる限りの消臭をした翌日、また同じ場所、同じ時間にやられました。(-_-;)

しばらくシートトイレで成功していたのになぜか?

最初に思いついたのはいっちゃん。別に喧嘩をしたわけじゃありません。
2匹ともキャンディバッグで寝るのが大好きで、キャンディが入っていないのをみると、すぐに入ります。
おしっこ失敗した日、クリンが気持ちよさそうに寝ていたのですが、翌朝は中身がいっちゃんに変わってました。
フーシャーした形跡はなかったと思いますが、いっちゃんが近づいてきたことでクリンは逃げたのかもしれません。そして、好きな場所を取られた・・・これが、別の場所におしっこをした原因かもしれないと思いました。

そこで、しばらくはキャンディバッグが場所の取合いになるのであれば、キャンディがバッグを出た後はバッグを撤収しておくことにしました。2匹とも寝たいでしょうが・・・取り合いになるならしばらく我慢してもらいしょう。(ちなみにキャンディが寝ていれば取合うことはありません。)

あと、もうひとつ、トイレの壁を取ってみました。もしかして、これがあることがクリンにとって不愉快なのかもしれないので。

そして、3つ目の対策としてはトイレのシートにクリンのおしっこの臭いを少しつけておくということ。

この3つを行った日はシートトイレでちゃんとおしっこをすることができました。(クリン!えらいぞ!)

しかし・・・人生とは山あり谷ありと申しますか、クリンがシートトイレでおしっこをし始めたところに、茶太郎の膀胱炎が再発しました。
抗生剤を飲みだして4日目あたりから、トイレに繰り返し入ることもなくなり、ホッとしていたんですが、1週間分の抗生剤を飲み終えた約1週間後、またトイレに繰り返し入るようになりました。

膀胱炎は繰り返す(再発する)というのは頭にはありましたが、前日の夜はちゃんとおしっこが出たのを確認して「よかったね~」と言っていたばかりだっただけに、ちょっとガックリ。再度、抗生剤を飲ませてます。

この茶太郎の膀胱炎再発は茶太郎だけじゃなく、クリンのトイレ事情にも大きく影響します。膀胱炎になると、茶太郎は柔らかい場所で「ちょこっとちっこ」をしてしまします。
茶太郎が「ちょこっとちっこ」をするとクリンが「ここもトイレ!」と勘違いして同じ場所でトイレしてしまうんですよね。(-_-;)

場所はだいたい限定できているのでシートが対応取れますから、直接被害を受けることはないのですが、折角、シートトイレに固定できそうな時期にクリンを混乱させる状況になるのは痛いです。

なんとか早く茶太郎の膀胱炎を治して「ちょこっとちっこ」をしないようにしなければ・・・と願っているところです。昨日あたりから膀胱炎の症状は治まって、トイレに繰り返し入ることもなければ、「ちょこっとちっこ」もなさそうです。

でも・・・膀胱炎(特に猫の膀胱炎は原因がいまいちはっきりしないので)は良くなったとみせかけて、忘れた頃にまたほっこり始まっちゃうのが怖いんですね~

P1020179.jpg
敷くだけであったかいというのを鵜呑みにして買いました。(爆)
(値段もバカ安だったし・・・)

P1020180.jpg
ほとんど信じてなかったんですが、確かにほんわかあったかい。(^v^)
猫もキャンディもかなり気に入ってる様子です、
スポンサーサイト

コメント

Secret

一難去ってまた一難、二難(汗)

こりゃあ、ほんとうに大変ですね。
日常生活で、このトイレ事情が、一番大変ですよね。

今日は朝からシトシト雨音で、ちょい上がったところで
ランのうんPの散歩にぃ~~。
傘をランの上に差して、15分、やっとうんPでした(汗)
すぐしてくれればいいのですが…、こればかりは…ですね(汗)

ちびまるさんの、ご苦労をみれば…楽楽です。

Re: 一難去ってまた一難、二難(汗)

雨の日のうんPは気が気じゃないですね。(^^ゞ

うちは楽な方だと思います。
茶太郎の「ちょこっとちっこ」の時は柔らかいものの上でしちゃうので、ちょっと苦労しますが、長期間じゃないですし。
猫を飼ってる方の中にはどうしても布団の上でされちゃって、困ってる方も多いようですから、うちの苦労は小さいもんです。

クリンのトイレも今朝は珍しく猫砂のトイレでちっこしてくれました。
猫砂を使わなかったとしてもシートのトイレでしてくれるので、こっちもそれほど苦労ではありません。
ずっと楽させてもらってましたからね。(^_-)
たまには飼い主もいろいろ手をかけなくっちゃです。(^^)v




Profile

ちびまる

Author:ちびまる
シーズーのキャンディと8匹の猫と共に宮崎県延岡市に生息中。

==詳細プロフィール==

ハンドルネームの由来に
なったちびまる君について


Categories


Archives


Mail

名前:
メール:
件名:
本文:


Link


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

アクアレイナ

ドクターシーラボ 今月のお得なプレゼント!(自動更新)



アンケートモニター登録

ブルックス