fc2ブログ

緊急時の為の携帯酸素は必需品

>>>> I Love 九州♪愛犬連れの旅のおもいで <<<<<

2014-12-17(Wed)23:25

今回のことで最も役にたち、キャンディの生命線だったと言っても過言ではないもの。

P1000148.jpg
携帯酸素。

P1000152.jpg
(2013.02.06)

16歳の誕生日に起きた痙攣の後から、万一の時の為に用意しました。
先に旅立ったヨークシャテリアのちびまる君の時も酸素は準備していたのですが、あの時はよく見かける大きなスプレー缶タイプのものでした。
これは見た目は大きいですが、スプレーするとすぐに無くなってしまい、あまり役に立ちませんでした。

本当ならペット用の酸素室をレンタルするなり、購入するのが一番なんでしょうが、散歩ボンベから一式用意するのは大変です。(レンタルしたとしても)

P1000149.jpg
今回使用した酸素は登山用の物で、とてもコンパクト。
大きな缶は邪魔になって持ち運びに不便ですが、これだったらバッグの中に入れていても邪魔になりません。

残念なのはスプレー式なので、どうしても「シュー」と口に吹き付けることになり、意識がまだはっきりしている時は「イヤイヤ」をされてしまうこと。
でも、酸素を必要とする時は緊急事態の状況でしょうから、そんなこと言ってられませんが。

2年前に2本購入して手元に持っていましたが、キャンディの様態がおかしくなった日曜日。
これだけでは心配になり、市内のスポーツ店をはしごして探しました。
大きな缶ならどこでも売ってるんですが、このタイプはなかなか見つかりません。
そして、3軒目に行った「ヒマラヤ」で箱で販売しているのを見つけた時のうれしさったら。
1本価格はちょっとお高いですが、万一の時の安心料とすれば安いものです。
また、数本購入しました。(そのうちの1本を日曜日に使用しましたが・・・)
スポンサーサイト




触れることができる喜び

>>>> I Love 九州♪愛犬連れの旅のおもいで <<<<<

2014-12-17(Wed)00:00

12月13日(土)

P1060142.jpg
薬をもらいに通院。先生から
「(天国手前から)おかえり~!キャンディ。花園(天国)の景色はどうだった?」
と笑いながら、言われました。

P1060141.jpg
体重は3.5kgを切ってしまいましたが、仕方ないですね。
細く、ちっちゃく軽くなっちゃいました。
聴診の結果は良好。そのまま、今の薬を飲んで様子を見ることにしました。

診察台の上で、もぞもぞ動こうとするキャンディを見た先生の奥様。
「キャンディが動いてる~」と感動してくれました。
先週は横たわったまま、顔をあげることもなかったですから。

P1060143.jpg
食欲も旺盛で、シリンジに食いつかんばかりに飲もうとすると話すと笑われました。

倒れた前週の散歩の時に「二人並んで歩く姿を撮っておきたいね」と母を話していて
じゃあ、平日は夕方で暗くなるから、土曜日に撮ろう!ということになり、6日の土曜日の散歩の時に撮ることになりました。
6日の土曜日、歩き始めて、少しして・・・「あ!カメラ忘れた」とカメラを車に置いてきたことに気が付きました。

普通だったら「まっ!いいっか~、今日じゃなくても」とそのまま散歩を続けるところだったのに、なぜか、その時は車まで、わざわざカメラを取りに戻りました。なぜ、戻ったのか?不思議だな~と思います。そして、これがその時の動画です。



でも、せっかく撮った動画なのに、カメラのモードがポップモードになっていて、色が妙に鮮やか。
6日の夜に「あらら・・・これはまた撮りなおさないとダメね~」と思ったその夜から布団もぐりこみ事件から心停止、昏睡の悪夢が始まったのでした。

ただの偶然だとは思いますが、何か虫の知らせのようなものがあったんでしょうか?

又、2週間前のWanvinoのお泊りもこれ以上にないタイミングだったんだと、改めて思いました。
昏睡状態に入った時、先生に
「1週間前、お泊りで旅行に行ったばっかりだったんですよ・・・」と話しました。先生は
「それが一番いい。それが一番だよ。」と言ってくれました。

P1060140.jpg
高望みはしません。
倒れる前と同じように歩けるようになんて望みません。
車いすだってありますし、室内を歩かせる時用に手作りで介護ハーネスも作りました。

視力がほとんどなくなったキャンディの目の代わりとなり、足の補助に私や母がなればいい。
できれば、暖かくなってスリングに入っての散歩や短い距離でいいから、自分の足で外を歩かせてあげたいとは思っていますが・・・もし、それで、何か起こったとしても、キャンディはその方を喜ぶんじゃないかと、勝手に思っています。

P1060139.jpg
もう少しで17年と11ケ月目になります。
17年と10ケ月ちょうどの時に訪れた大きな壁を乗り越えて

キャンディに触れることができる喜び、
キャンディの寝息を感じることができる喜び、

今までも大事にしてきたつもりですが
「明日までかもしれない」いうくらいの強い思いで感謝して過ごしたいと思います。





Profile

ちびまる

Author:ちびまる
シーズーのキャンディと8匹の猫と共に宮崎県延岡市に生息中。

==詳細プロフィール==

ハンドルネームの由来に
なったちびまる君について


Categories


Archives


Mail

名前:
メール:
件名:
本文:


Link


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード

アクアレイナ

ドクターシーラボ 今月のお得なプレゼント!(自動更新)



アンケートモニター登録

ブルックス